2017年02月25日

「さよならドビュッシー」中山七里

第8回『このミス』大賞大賞受賞作。
さよならドビュッシー (宝島社文庫)

中山 七里 宝島社 2011-01-12
売り上げランキング : 49225
by ヨメレバ

ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。第8回『このミス』大賞受賞作品。


中山七里のデビュー作です。
デビュー作ということもあり、荒削りな部分もあります。

途中までは、全然ミステリー要素もなく、音楽小説として楽しめますが、途中から段々とミステリー要素が出て来て、最後にはどんでん返しもあります・

音楽小説+ミステリーということで、クラシック好きはもちろん、そうでなくてもクラシックの曲が聴きたくなりますよ。
posted by kasuterakun at 00:22| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事