2017年03月04日

「神の値段」一色さゆり

第14回『このミステリーがすごい! 』大賞・大賞受賞作。
神の値段 (宝島社文庫)

一色 さゆり 宝島社 2017-01-11
売り上げランキング : 63188
by ヨメレバ

マスコミはおろか関係者すら姿を知らない現代芸術家、川田無名。ある日、唯一無名の正体を知り、世界中で評価される彼の作品を発表してきた画廊経営者の唯子が何者かに殺されてしまう。犯人もわからず、無名の居所も知らない唯子のアシスタントの佐和子は、六億円を超えるとされる無名の傑作を守れるのか―。美術市場の光と影を描く、『このミス』大賞受賞のアート・サスペンスの新機軸。

アート業界という、あまりというか全然縁のない世界ですが、楽しく読み進めることができました。
アートに関しても、詳しく書かれており、興味深いです。

ミステリーとしては軽めですが、読みやすい作品です。
posted by kasuterakun at 00:28| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事