2017年04月17日

「孤島パズル」有栖川有栖

学生アリスシリーズ第2弾。
孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

有栖川 有栖 東京創元社 1996-08
売り上げランキング : 22995
by ヨメレバ

紅一点会員のマリアが提供した“余りに推理研的な”夏休み―旅費稼ぎのバイトに憂き身をやつし、江神部長以下三名、宝捜しパズルに挑むべく赴いた南海の孤島。バカンスに集う男女、わけありの三年前、連絡船の再来は五日後。第一夜は平穏裏に更けるが、折しも嵐の第二夜、漠とした不安感は唐突に痛ましい現実へと形を変える。晨星落々、青空に陽光が戻っても心は晴れない…。

学生アリスシリーズ第2弾は、孤島でのクローズドサークルミステリーです。

叙述トリックなどを使わない本格派ミステリーで、前作に続き「読者への挑戦」もあります。
ま、わからないんですけどね。
騙された!感はないですが、最後にパズルのピースがきっちりとはまっていくようで快感です。

登場キャラクターも魅力的で、新会員のマリアもいい味出してます。
posted by kasuterakun at 00:06| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事