2017年05月09日

「狂骨の夢」京極夏彦

百鬼夜行シリーズ第3弾。
文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

京極 夏彦 講談社 2000-09-05
売り上げランキング : 54627
by ヨメレバ

夫を四度殺した女、朱美。極度の強迫観念に脅える元精神科医、降旗。神を信じ得ぬ牧師、白丘。夢と現実の縺れに悩む三人の前に怪事件が続発する。海に漂う金色の髑髏、山中での集団自決。遊民・伊佐間、文士・関口、刑事・木場らも見守るなか、京極堂は憑物を落とせるのか?著者会心のシリーズ第三弾。

今作は、多くの謎がからみあって少々ややこしくなっています。
そして、謎解きをする京極堂=中禅寺秋彦も残り3分の1くらいにならないと登場しません。

どんどん謎が増えていって、果たして全ての謎が解明されるのか?と不安になります。
が、見事に解決します。

前2作ほどのインパクトはないように思いますが、何故か読後感の清々しい作品です。
もちろん、途中のドロドロした雰囲気はちゃんとありますよ。
posted by kasuterakun at 00:16| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事