2017年06月02日

「プリズム」貫井徳郎

多重解決作品。
プリズム (創元推理文庫)

貫井 徳郎 東京創元社 2003-01
売り上げランキング : 38099
by ヨメレバ

小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。傍らには彼女の命を奪ったアンティーク時計が。事故の線も考えられたが、状況は殺人を物語っていた。ガラス切りを使って外された窓の鍵、睡眠薬が混入された箱詰めのチョコレート。彼女の同僚が容疑者として浮かび上がり、事件は容易に解決を迎えるかと思われたが…『慟哭』の作者が本格ミステリの極限に挑んだ衝撃の問題作。

4人がそれぞれ事件を解決するという、多重解決ミステリーです。

それぞれの視点で語られますが、もちろん犯人も4通り。
いったい、どれが本当なのか・・・?

同じ事件でも、視点が変われば全然見える景色が違うのですね。
posted by kasuterakun at 00:01| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事