2017年07月02日

「密室殺人ゲーム王手飛車取り」歌野晶午

ゲームという設定が面白い。
密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社文庫)

歌野 晶午 講談社 2010-01-15
売り上げランキング : 48754
by ヨメレバ

“頭狂人”“044APD”“aXe(アクス)”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの現実に起きた殺人なのである…。リアル殺人ゲームの行き着く先は!?歌野本格の粋を心して堪能せよ。

なかなかありそうでない設定です。
多重解決ものになるのでしょうかね。

面白く読み進んでいくと、後半で「!?」な展開が。
そういえば「葉桜の季節に君を想うということ」の作者ですもんね。
さらにその後も「ここで終わるか?」というエンディング。

これは次を読まねばなりません。
posted by kasuterakun at 00:01| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事