2017年08月31日

「夏と花火と私の死体」乙一

乙一のデビュー作!
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

乙一 集英社 2000-05-01
売り上げランキング : 22032
by ヨメレバ

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか?死体をどこへ隠せばいいのか?恐るべき子供たちを描き、斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、早熟な才能・乙一のデビュー作、文庫化なる。第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞作。

乙一のデビュー作。
16歳でこれを書いたというのですから、驚きです。

刑事や犯人視点ではなく、死体の視点で描かれるというのが斬新ですね。
ページ数も少ないですが、内容は濃いです。

蝉の声が聞こえる夏休みの情景が目に浮かぶ描写です。
なんとなくノスタルジーも感じますね。
ミステリーというよりはホラーだと思います。
ラベル:乙一 ホラー
posted by kasuterakun at 00:10| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事