2017年09月12日

「オレたち花のバブル組」池井戸潤

半沢直樹シリーズ第2弾。
オレたち花のバブル組 (文春文庫)

池井戸 潤 文藝春秋 2010-12-03
売り上げランキング : 5220
by ヨメレバ

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。

第2弾も変わらず面白いです。
いや、前作以上かな。

金融庁との対決、普通なら長いものには巻かれるところですが、そうはならないのが半沢直樹。
痛快です。

勝てる見込みがなくても、あきらめずに最後まで戦うその姿勢に、ページをめくる手が止まりません。
posted by kasuterakun at 00:09| Comment(0) | お仕事小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事