2017年09月22日

「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」成田名璃子

東京すみっこごはん第2弾。
東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)

成田 名璃子 光文社 2016-04-12
売り上げランキング : 42358
by ヨメレバ

年齢も職業も異なる人々が集い手作り料理を食べる“共同台所”には、今日も誰かが訪れる。夢を諦めかけの専門学校生、妻を亡くした頑固な老人、勉強ひと筋の小学生。そんな“すみっこごはん”に解散の危機!?街の再開発の対象地区に含まれているという噂が流れ始めたのだ。世話好きおばさんの常連・田上さんは、この事態に敢然と立ち向かう。大人気シリーズ、待望の続編!

待望の第2弾です。
読んでいるとおなかが減るのも、相変わらずです。

そして、やはり自分で料理してみたくなりますね。
そうそう、うまくは作れないのでしょうが。

最後では、町の再開発により「すみっこごはん存続の危機!」というミステリーのような趣もあり、よいスパイスになっています。
posted by kasuterakun at 00:02| Comment(0) | 料理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事