2017年10月04日

「貴族探偵対女探偵」麻耶雄嵩

貴族探偵の続編!
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)

麻耶 雄嵩 集英社 2016-09-16
売り上げランキング : 87061
by ヨメレバ

新米探偵・愛香は、親友の別荘で発生した殺人事件の現場で「貴族探偵」と遭遇。地道に捜査をする愛香などどこ吹く風で、貴族探偵は執事やメイドら使用人たちに推理を披露させる。愛香は探偵としての誇りをかけて、全てにおいて型破りの貴族探偵に果敢に挑む!事件を解決できるのは、果たしてどちらか。精緻なトリックとどんでん返しに満ちた5編を収録したディテクティブ・ミステリの傑作。

あの「貴族探偵」の続編は、女探偵「高徳愛香」がライバル?として登場します。

全5編からなる短編集で、女探偵と貴族探偵がそれぞれに推理するという「多重解決もの」になっています。

「幣もとりあへず」は途中で「え?」となってしまい、ネットで解説したサイトを探して、やっと納得。
これはなかなか難しいです。

「なほあまりある」は、最後のどんでん返しが・・・
posted by kasuterakun at 00:20| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事