2017年10月16日

「満願」米澤穂信

読み終えるのがもったいない。
満願 (新潮文庫)

米澤 穂信 新潮社 2017-07-28
売り上げランキング : 472
by ヨメレバ

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

・「このミステリーがすごい!2015年版」1位
・「週刊文春ミステリーベスト10 2014年」1位
・「ミステリが読みたい!2015年版」1位
・第27回山本周五郎賞受賞

という米澤穂信の短編集です。
氏の短編集といえば、「儚い羊たちの祝宴」という傑作がありますが、それにも負けず劣らずの傑作です。
全6編が収められており、そのどれもが面白く、珠玉の作品です。

個人的には、「万灯」と「関守」が好きですね。
posted by kasuterakun at 00:04| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事