2017年11月11日

「漁港の肉子ちゃん」西加奈子

暖かく、面白い作品です。
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

西 加奈子 幻冬舎 2014-04-10
売り上げランキング : 3238
by ヨメレバ

男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。太っていて不細工で、明るい―キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。ちゃんとした大人なんて一人もいない。それでもみんな生きている。港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる傑作。

強烈なタイトルですね・・・

漁港の焼肉屋で働く肉子ちゃん。
本名ではなく、あだ名ですが、それにしても肉子って・・・

内容は、最初から面白く、最後はホロリ。
読み終わると、元気になっている小説です。
posted by kasuterakun at 00:31| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事