2017年11月25日

「竜馬がゆく(七)」司馬遼太郎

大政奉還に向けて。
新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)

司馬 遼太郎 文藝春秋 1998-10-09
売り上げランキング : 47621
by ヨメレバ

同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。が、竜馬はこの薩長に土佐等を加えた軍事力を背景に、思い切った奇手を案出した。大政奉還―幕府のもつ政権をおだやかに朝廷に返させようというものである。これによって内乱を避け、外国に侵食する暇を与えず、京で一挙に新政府を樹立する―無血革命方式であった。

ついに倒幕の機運も高まります。
そんな中、竜馬は武力による革命ではなく、大政奉還という奇策を考えます。

大政奉還は学校の授業で習い、知識はありましたが、これほどのものとは知りませんでした。
これがなければ、日本はどうなっていたか。

竜馬の偉大さがよくわかります。
posted by kasuterakun at 00:23| Comment(0) | 歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事