2017年12月21日

「臨床真理(下)」柚月裕子

衝撃的な下巻。
臨床真理 (下) (宝島社文庫 C ゆ 1-2)

柚月 裕子 宝島社 2010-03-05
売り上げランキング : 54689
by ヨメレバ

真実を話していると白、嘘をついていると赤……臨床心理士・佐久間美帆の担当患者・藤木司は、「共感覚」によって声に色彩を感じるため、嘘を見破ることができた。その上で彼は幼なじみの少女が自殺するはずがないと力説。信じがたい話だったが、美帆は司の治療のためにも調査を決意。知人の警察官・栗原の協力を得て、2人が暮らした知的障害者施設を探り始めるが、次第におぞましい出来事が明らかになる。第7回『このミス』大賞受賞作が文庫化!

下巻では、調べていた真相に近づいていきますが、紹介文のとおり、本当におぞましい内容でした。
かなりきわどい性描写もあります。

重い内容になっていますが、読みやすく、下巻も薄いので一気に読めます。
最後は希望の持てる終わり方で、さっぱりと締めくくっています。
posted by kasuterakun at 00:02| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事