2017年12月29日

「時計館の殺人(上)」綾辻行人

館シリーズ第5弾。
時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)

綾辻 行人 講談社 2012-06-15
売り上げランキング : 146375
by ヨメレバ

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!第45回日本推理作家協会賞に輝く不朽の名作、満を持しての新装改訂版。

第5弾は「時計館」、上下冊に分かれています。

時計館は新館と旧館があり、それぞれ分かれて物語が進んでいきます。
更に旧館はクローズドサークルとなっています。
その中で、殺人事件が起きます。

新館では、過去の出来事が語られ・・・
posted by kasuterakun at 00:28| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事