2017年12月23日

「君の膵臓をたべたい」住野よる

映画化もされた話題作。
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

住野 よる 双葉社 2017-04-27
売り上げランキング : 746
by ヨメレバ

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて―。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説!

2017年でいちばん売れた文庫本ではないでしょうか。
映画化もされ、話題になりましたね。

だいたい話の流れは予想して読み始めましたが、途中からの展開は予想外でした。
低評価な人もいるようですが、そこまで悪いとは思いませんでした。

むしろ、軽快でひねくれた会話が面白かったです。
【関連する記事】
posted by kasuterakun at 00:14| Comment(0) | 青春小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事