2018年01月14日

「ルームメイト」今邑彩

ルームメイトの本当の意味は・・・?
ルームメイト (中公文庫)

今邑 彩 中央公論新社 2006-04-01
売り上げランキング : 136848
by ヨメレバ

私は彼女の事を何も知らなかったのか…?大学へ通うために上京してきた春海は、京都からきた麗子と出逢う。お互いを干渉しない約束で始めた共同生活は快適だったが、麗子はやがて失踪、跡を追ううち、彼女の二重、三重生活を知る。彼女は名前、化粧、嗜好までも替えていた。茫然とする春海の前に既に死体となったルームメイトが…。

どんでん返しで有名な作品ですね。

ちょっぴりホラー風味の、多重人格もののミステリーです。

文庫本では、最後の「モノローグ4」の前にあとがきが入り、「バッドエンドが嫌いな方はここでやめるように」と丁寧に書かれています。
しかし、この作品は「モノローグ4」がないと面白さ半減ですね。

posted by kasuterakun at 00:08| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事