2018年01月28日

「カラスの親指 by rule of CROW’s thumb」道尾秀介

第62回日本推理作家協会賞を受賞した白道尾作品。
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

道尾 秀介 講談社 2011-07-15
売り上げランキング : 24658
by ヨメレバ

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

白道尾作品を初めて読みました。

詐欺師が他の4人と共同生活しながら、闇金業者に復讐を企てる内容です。

今まで「月と蟹」、「向日葵の咲かない夏」を読んで、この著者の作品は少し苦手だったんですが、これは良かったですね。
最後は爽やかに終わってくれました。
どんでん返しも見事に決まっています。

最後にわかるタイトルの意味も見事!ですね。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事