2018年02月07日

「ジョーカー・ゲーム」柳広司

スパイ・ミステリー。
ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

柳 広司 KADOKAWA/角川書店 2011-06-23
売り上げランキング : 10494
by ヨメレバ

結城中佐の発案で陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。この戒律を若き精鋭達に叩き込み、軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く結城は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を上げてゆく…。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝く究極のスパイ・ミステリー。

スパイを主人公としたミステリーです。
時代は昭和初期。
国内や他国との諜報戦が描かれています。

派手なアクション・シーンはありませんが、「D機関」というスパイ養成学校で育ったスパイたちが、どのように頭脳戦を制していくのかが見ものです。
posted by kasuterakun at 00:29| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事