2018年03月08日

「幻坂」有栖川有栖

天王寺七坂。
幻坂 (角川文庫)

有栖川 有栖 KADOKAWA/角川書店 2016-01-23
売り上げランキング : 96087
by ヨメレバ

雨の坂道で出会い、恋におちるも、自意識のために、愛する女を死に追いやってしまった作家の苦悩が哀切な「愛染坂」。坂に棲みついている猫たちの写真を撮るために訪れた女子高生が、その夜から金縛りと奇妙な悪夢に悩まされる「口縄坂」。大坂で頓死した松尾芭蕉の最期を怪談に昇華した「枯野」など9篇を収録。大阪の町にある「天王寺七坂」を舞台に、その地の歴史とさまざまな人間模様を艶のある筆致で描く。

大阪の天王寺にある七つの坂を舞台とした物語です。
有栖川有栖作品なので、ミステリーだと思っていたのですが、ホラーでした。
本格的なホラーではなく、ちょっと不思議な、怪しげな雰囲気です。

・清水坂
・愛染坂
・源聖寺坂
・口縄坂
・真言坂
・天神坂
・逢坂
の七つの坂にまつわる物語+二つの短編が収められています。

少し怖い「口縄坂」、美しい「真言坂」や「逢坂」等、バラエティに富んでおり、読み応えもあります。
posted by kasuterakun at 00:26| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事