2018年03月10日

「サラバ!(上)」西加奈子

第152回直木賞受賞作。
サラバ! 上 (小学館文庫)

西 加奈子 小学館 2017-10-06
売り上げランキング : 1180
by ヨメレバ

僕はこの世界に左足から登場した―。圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。

上巻は主人公の圷歩(あくつあゆむ)がイランで生まれてから、日本に帰り、次にエジプトでの生活までが描かれています。
親の仕事の都合で、いっしょに連れまわされてるわけですね。
そして、最後ではエジプトを去ることになり、親友のヤコブと別れることに。

家族の崩壊も描かれており、不穏な雰囲気を残したまま中巻に続いていきます。

物語がどんな方向に進むのかまだわからないですが、引き込まれる面白さです。
ラベル:西加奈子
posted by kasuterakun at 00:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事