2018年03月23日

「物語のおわり」湊かなえ

湊かなえらしくない、清々しい終わり方の物語です。
物語のおわり (朝日文庫)

湊 かなえ 朝日新聞出版 2018-01-04
売り上げランキング : 513
by ヨメレバ

病の宣告、就職内定後の不安、子どもの反発…様々な悩みを抱え、彼らは北海道へひとり旅をする。その旅の途中で手渡された紙の束、それは「空の彼方」という結末の書かれていない小説だった。そして本当の結末とは。あなたの「今」を動かす、力強い物語。

最初に、未完の物語が提示され、その物語がいろいろな人の手を渡っていきます。
その物語を読んだ人たちが、自分なりの続きを想像します。

北海道を舞台としており、行ったことのある場所ばかりということもあり、面白く読みました。

最後には、うまく伏線も回収してスッキリと終わります。
ああ、そんなふうに繋がるのね、と納得でした。
posted by kasuterakun at 00:03| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事