2018年03月25日

「羊と鋼の森」宮下奈都

2016年本屋大賞受賞作。
羊と鋼の森 (文春文庫)

宮下 奈都 文藝春秋 2018-02-09
売り上げランキング : 91
by ヨメレバ

高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合う外村。個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく―。一人の青年が成長する姿を温かく静謐な筆致で描いた感動作。

・第13回本屋大賞
・第4回ブランチブックアワード大賞2015
・第13回キノベス!2016 第1位

の3冠に輝いたという作品です。

ピアノの調律師を目指す青年の物語です。
調律を通じて、いろんな人と触れ合いながら成長していく。
全体が清冽な雰囲気の文章で紡がれており、非常に美しい作品です。
よくある成長物語と思ってしまいますが、もっと透明感のある作品です。

よく「音楽が聴こえてくる作品」というのは聞きますが、これは「ピアノの澄んだ音が聴こえてくる」作品ですね。
posted by kasuterakun at 00:09| Comment(0) | お仕事小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事