2018年04月06日

「沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二」夢枕獏

玄宗と楊貴妃。
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 (角川文庫)

夢枕 獏 KADOKAWA 2011-10-25
売り上げランキング : 928
by ヨメレバ

妖猫に取り憑かれた劉家の妻が唄った歌。それが、およそ60年前、詩仙李白が玄宗皇帝の寵妃・楊貴妃の美しさを讃えた詩だと知った空海と逸勢は、偶然知り合った後の大詩人・白楽天と共に馬嵬駅へ行き、楊貴妃の墓を暴くことに。だが驚くべきことに、そこには妖しい呪がかけられていたうえ、石棺の中に楊貴妃の姿はなかった―。そんな空海に、謎の方士・丹翁は「このことは忘れよ」と警告するが…?中国伝奇小説の傑作、第2弾。

玄宗と楊貴妃も登場して、ますます面白くなります。
他にも李白、白楽天等の歴史で習った名前が出てきます。

そして、楊貴妃にまつわる謎が提示され・・・
物語が核心に近づいている雰囲気ですね。
ラベル:夢枕獏 伝奇小説
posted by kasuterakun at 00:32| Comment(0) | 伝奇小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事