2018年05月26日

「冬虫夏草」梨木香歩

「家守奇譚」の続編。
冬虫夏草

梨木 香歩 新潮社 2017年05月27日
売り上げランキング : 74434
by ヨメレバ

亡き友の家を守る物書き、綿貫征四郎。姿を消した忠犬ゴローを探すため、鈴鹿の山中へ旅に出た彼は、道道で印象深い邂逅を経験する。河童の少年。秋の花実。異郷から来た老女。天狗。お産で命を落とした若妻。荘厳な滝。赤竜の化身。宿を営むイワナの夫婦。人間と精たちとがともに暮らす清澄な山で、果たして再びゴローに会えるのか。『家守綺譚』の主人公による、ささやかで豊饒な冒険譚。

今作は、綿貫征四郎が愛犬ゴローを探して旅をします。

前作と同じく、河童等の妖が登場しますが、独特の雰囲気の作品で全然妖しくなりません。
むしろ静謐な雰囲気です。
静かで温かく、ノスタルジックで・・・読み終えるのがもったいなく感じます。
posted by kasuterakun at 00:52| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事