2018年05月31日

「聯愁殺」西澤保彦

推理合戦。
聯愁殺

西澤保彦 中央公論新社 2010年09月25日
売り上げランキング : 537964
by ヨメレバ

大晦日の夜。連続無差別殺人事件の唯一の生存者、梢絵を囲んで推理集団“恋謎会”の面々が集まった。四年前、彼女はなぜ襲われたのか。犯人は今どこにいるのか。ミステリ作家や元刑事などのメンバーが、さまざまな推理を繰り広げるが…。ロジックの名手がつきつける衝撃の本格ミステリ、初の文庫化。

ある殺人未遂事件を、数人で推理するという多重解決ミステリーです。

推理を戦わせる部分は、あっちに行ったりこっちに来たり、ジェットコースターに乗っているようで、非常に面白いですね。
ロジックもしっかりしており、本格好きには楽しめる作品だと思います。
そして最後には衝撃のどんでん返しがあります。

難点は登場人物の名前の読みにくさかな・・・
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事