2018年06月04日

「黒猫館の殺人」綾辻行人

館シリーズ第6弾。
黒猫館の殺人新装改訂版

綾辻行人 講談社 2014年01月16日
売り上げランキング : 72194
by ヨメレバ

大いなる謎を秘めた館、黒猫館。火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!?シリーズ屈指の大仕掛けを、読者は見破ることができるか?

今作は、ある老人の手記から事件を推理していく展開です。
ちょっと今までとは違う感じですね。

作者が、仕掛けのは80%は見抜けても、残りの20%は見抜けないのではないか、とあとがきで書いています。
・・・全然わかりませんでした。
残りの20%どころか、80%さえもわかりません。

最後の謎は、まさか!でしたね。
posted by kasuterakun at 00:02| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事