2018年06月24日

「教場」長岡弘樹

警察学校小説。
教場 (小学館文庫)

長岡 弘樹 小学館 2015-12-08
売り上げランキング : 116440
by ヨメレバ

希望に燃え、警察学校初任科第九十八期短期過程に入校した生徒たち。彼らを待ち受けていたのは、冷厳な白髪教官・風間公親だった。半年にわたり続く過酷な訓練と授業、厳格な規律、外出不可という環境のなかで、わずかなミスもすべて見抜いてしまう風間に睨まれれば最後、即日退校という結果が待っている。必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩。それが、警察学校だ。週刊文春「二〇一三年ミステリーベスト10」国内部門第一位に輝き、本屋大賞にもノミネートされた“既視感ゼロ”の警察小説、待望の文庫化!

週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位。
宝島社「このミステリーがすごい! 2014年版」国内編第2位。
2014年本屋大賞第6位。
なだけあって、非常に面白い作品です。

本当の警察学校はまさかこんな感じなんでしょうか。
なんだか、すごく陰湿ですね。
決して後味はよくないです。
posted by kasuterakun at 00:11| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事