2018年07月20日

「異邦人」原田マハ

架空の天才画家を題材とした美術小説です。
異邦人(いりびと) (PHP文芸文庫)

原田 マハ PHP研究所 2018-03-10
売り上げランキング : 24363
by ヨメレバ

「美」は魔物―。たかむら画廊の青年専務・篁一輝と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗画廊で、一枚の絵に心を奪われる。強い磁力を放つその絵の作者は、まだ無名の若き女性画家だったのだが…。彼女の才能と「美」に翻弄される人々の隆盛と凋落を艶やかに描く、著者新境地の衝撃作。

京都を舞台とした、美術小説です。
「楽園のカンヴァス」と違い、架空の画家が登場します。

しかし、さすがキュレーター経験のある著者らしく、まるで実在したかのような錯覚に陥ります。
前半はなかなか物語が見えにくく、ゆったりとした展開でしたが、後半になると急展開を見せます。

独特の京都弁を交えて、強い女性を描いています。
posted by kasuterakun at 00:18| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事