2018年08月11日

「ファイヤーボール」富樫倫太郎

空気が読めない刑事。
生活安全課0係 ファイヤーボール (祥伝社文庫)

富樫 倫太郎 祥伝社 2016-01-09
売り上げランキング : 30667
by ヨメレバ

杉並中央署生活安全課に突如誕生した「何でも相談室」。通称0係。署内の役立たずが集まる島流し部署だ。そこへ科警研から異動してきたキャリアの小早川冬彦警部。マイペースで、無礼千万な男だが知識と観察眼で人の心を次々と読みとっていく。そんな彼がボヤ事件で興味を示した手掛かり、ファイヤーボールとは?KY(空気が読めない)刑事の非常識捜査が真相を暴くシリーズ第一弾!

キャリアだが空気が読めない刑事、小早川冬彦。
でも、他人の行動から心は読めてしまう。

正反対な性格の相棒と、事件を解決するシリーズ第1弾です。

なかなかなKY度合いですが、プロファイリングの腕は一流な冬彦。
様々な事件に首を突っ込みながらも、事件が解決していく様は爽快です。

著者の他の作品とも若干のつながりがあるようで、それも含めて読み続けていきたいシリーズです。
posted by kasuterakun at 00:02| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事