2018年08月13日

「双孔堂の殺人 ~Double Torus~」周木律

堂シリーズ第2弾。
双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫)

周木 律 講談社 2016-12-15
売り上げランキング : 145626
by ヨメレバ

二重鍵状の館、“Double Torus”。警察庁キャリア、宮司司は放浪の数学者、十和田只人に会うため、そこへ向かう。だが彼を待っていたのは二つの密室殺人と容疑者となった十和田の姿だった。建築物の謎、数学者たちの秘された物語。シリーズとして再構築された世界にミステリの面白さが溢れる。“堂”シリーズ第2弾。

今作は数学の説明が多く、ちょっと難解な部分があります。
が、よくわからないままでも、読み進めて大丈夫です。

前作で大活躍だった十和田只人が、今作では最後の謎解きまでは脇役になっており、代わりに警察庁のキャリアが主人公になっています。
別の視点から見ると、十和田の変人ぶりが際立ちますね。

トリックに関しては、前作ほどの衝撃はありませんが、なかなか凝った仕掛けが施されています。
登場人物も増え、今後の展開が楽しみなシリーズですね。
posted by kasuterakun at 00:02| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事