2018年09月06日

「その日のまえに」重松清

生きること。
その日のまえに (文春文庫)

重松 清 文藝春秋 2008-09-03
売り上げランキング : 1650
by ヨメレバ

僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。

友人や家族との別れを描いた作品です。
別れにもいろいろありますが、「がん」による別れです。

重いテーマですが、爽やかな雰囲気の作品です。
重松さんならではですよね。

短編集となっており、最後の3編「その日のまえに」、「その日」、「その日のあとで」は連作です。
とにかく大事に読みたい作品です。
ラベル:重松清 短編集
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事