2018年10月14日

「機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下」月村了衛

自爆条項の意味は・・・
機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下 (ハヤカワ文庫JA)

月村 了衛 早川書房 2017-07-06
売り上げランキング : 87066
by ヨメレバ

ライザ・ラードナー、警視庁特捜部付警部にして、元テロリスト。自らの犯した罪ゆえに、彼女は祖国を離れ、永遠の裏切り者となった。英国高官暗殺と同時に彼女の処刑を狙うIRFには“第三の目的”があるという。特捜部の必死の捜査も虚しく、国家を越える憎悪の闇が見せる最後の顔。自縄自縛の運命の罠にライザはあえてその身を投じる…過去と現在の怨念が狂おしく交錯する“至近未来”の警察小説第二弾。

ライザ・ラードナーの過去が明らかになります。

前作ではあまり活躍もなく、とりたてて印象もないんですが、今作を読むと彼女がなぜぶっきらぼうな性格なのか、わかるようになります。
そして「自爆条項」の意味!
タイトルの意味をあまり深く考えませんでしたが、まさかそんな意味とは・・・!

で、次作の「暗黒市場」はまだ文庫化されていないんですよね。
あまりに面白いので、単行本を購入しようか迷います。
posted by kasuterakun at 00:02| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事