2018年11月01日

「パレートの誤算」柚月裕子

生活保護の闇。
パレートの誤算 (祥伝社文庫)

柚月 裕子 祥伝社 2017-04-12
売り上げランキング : 40699
by ヨメレバ

ベテランケースワーカーの山川が殺された。新人職員の牧野聡美は彼のあとを継ぎ、生活保護受給世帯を訪問し支援を行うことに。仕事熱心で人望も厚い山川だったが、訪問先のアパートが燃え、焼け跡から撲殺死体で発見されていた。聡美は、受給者を訪ねるうちに山川がヤクザと不適切な関係を持っていた可能性に気付くが…。生活保護の闇に迫る、渾身の社会派ミステリー!

生活保護制度に潜む闇を題材とした物語です。
なんとなくは知っている制度と、それを取り巻く問題ですについて、よくわかります。

先輩ケースワーカーが他殺体で発見され、その謎に挑む主人公と同僚。
ミステリーの要素は薄めですが、最後にはハラハラドキドキもあり、楽しめる作品になっています。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事