2018年11月07日

「ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻」佐藤青南

シリーズ第5弾。
ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

佐藤 青南 宝島社 2017-03-04
売り上げランキング : 5106
by ヨメレバ

行動心理学を用いて相手の嘘を見破る美人刑事“エンマ様”こと、楯岡絵麻。強盗殺人事件が起こり、事件翌日に署内で拳銃自殺した刑事・宮出が犯人とされたが、同期の綿貫は、真面目で気弱な宮出の犯行を信じられず、独自で探りはじめ…。女子大生の失踪、アイドルの他殺体、歪んだ愛が引き起こす様々な事件を絵麻が捜査するなか、やがて綿貫は宮出の痛切な思いに辿り着く。

警察官の自殺から物語は始まります。
全4編の短編集ですが、その事件が最後まで尾を引きます。

最近の作品では、外に出ることも多かった楯岡絵麻ですが、今回が原点回帰(?)なのか、取調室のシーンが多くなっています。
ハラハラドキドキはないですが、なんだかしんみりする雰囲気の作品です。
posted by kasuterakun at 07:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事