2018年12月07日

「暗黒館の殺人(三)」綾辻行人

少しずつ明らかになる謎・・・
暗黒館の殺人(三) (講談社文庫)

綾辻 行人 講談社 2007-11-15
売り上げランキング : 86024
by ヨメレバ

恐ろしき浦登家の秘密がついに語られる。十八年前の“ダリアの日”に起こった不可解な事件―初代当主・玄遥の殺害。幼少の玄児が目撃した怪人物は、不可能状況下で忽然と姿を消した!?死に抗う妄念が産んだ館。その深奥で謎はいよいよ縺れ深まり…美しき双子姉妹を、信じがたい悲劇が襲う。

徐々に謎が明らかになっていきます。
「ダリアの宴」とは・・・?
「謎の肉」の正体は・・・?

衝撃の事実が明らかになりますが、まだまだ謎は残っており、次巻に持ち越し。
なかなか分厚い(600頁超)ですが、気になって一気読みできます。

それにしても、島田潔はいつ登場するの・・・?
posted by kasuterakun at 00:04| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事