2019年01月14日

「セブンス・サイン 行動心理捜査官・楯岡絵麻」佐藤青南

シリーズ第7弾。
セブンス・サイン 行動心理捜査官・楯岡絵麻 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

佐藤 青南 宝島社 2018-10-29
売り上げランキング : 19111
by ヨメレバ

行動心理学で相手のしぐさから嘘を見破る美人刑事“エンマ様”こと楯岡絵麻。真っ白な着物を着た男性の餓死死体が河川敷で発見された。胃の中に漆が見つかったことで即身仏を試みたと思われたが、遺体には監禁された跡があった。宗教団体の関与を疑って赴くも、信者らに嘘をついている様子はない。しかし聴取の途中で驚愕の事件が起こり―?鮮やかな手腕で嘘を暴く痛快心理ミステリー!

新興宗教団体による殺人事件を題材とした長編です。
宗教にはまっていく人は、ちょっとしたきっかけですがってしまうんだろうな、ということがよくわかります。

現場捜査も丁寧に書かれ、取調室のシーンの割合もちょうどいい具合ですね。

西野の幼馴染も登場し、恋の予感・・・?
posted by kasuterakun at 00:19| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事