2019年02月09日

「アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希」吉川英梨

なかなか本格的。
アゲハ

吉川英梨 宝島社 2011年01月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

警視庁鑑識課に勤める原麻希は、ある日、子供を預かったという誘拐犯からの電話を受ける。犯人の指示のもと、箱根の芦ノ湖畔へと向かった麻希だが、そこには同じく息子を誘拐されたかつての上司、戸倉加奈子の姿があった。殺人現場に届く「アゲハ」からのメッセージの意味は?誘拐は、麻希と加奈子の運命を変えた八年前の事件が関係しているのか―!?女性秘匿捜査官・原麻希が社会の闇に挑む、長編警察ミステリー。

読みは始めるまでは、もうちょっとライトな感じかと思っていましたが、なかなか本格的な警察小説でした。

後半になると展開が加速し、二転三転します。
なかなかのジェットコースターぶりで、面白かったです。
posted by kasuterakun at 00:03| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事