2019年03月17日

「空中ブランコ」奥田英朗

第131回直木賞受賞作。
空中ブランコ

奥田 英朗 文藝春秋 2008年01月10日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。

相変わらずの伊良部一郎です。
前作以上の面白さ。

とにかく注射フェチな医者、やたらセクシーな看護師。
神経科に来た患者には「いらっしゃーい」
滅茶苦茶ですが、なぜか患者は治るという・・・

こんなぶっとんだ医者いるわけがないですが、とにかく面白くて笑えます。
しかし、ここまでまっすぐにやりたいことに取り組むことができるのも、ある意味すごいですよね。
posted by kasuterakun at 00:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事