2019年04月22日

「半席」青山文平

ホワイダニットの時代小説。
半席

青山 文平 新潮社 2018年09月28日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

御家人から旗本に出世すべく、仕事に励む若き徒目付の片岡直人。だが上役から振られたのは、不可解な事件にひそむ「真の動機」を探り当てる御用だった。職務に精勤してきた老侍が、なぜ刃傷沙汰を起こしたのか。歴とした家筋の侍が堪えきれなかった思いとは。人生を支えていた名前とは。意外な真相が浮上するとき、人知れずもがきながら生きる男たちの姿が照らし出される。珠玉の武家小説。

犯人はわかった状態で、なぜ事件がおこったのかを推理するホワイダニットものです。

江戸時代は、自白を得られると理由は調べずに処分されてしまったようです。
主人公の片岡直人は、短い時間の中で「なぜ事件が起きたのか」を調べます。

毎回同じような説明があるのがくどいですが、堅物主人公がだんだん世慣れていく様が微笑ましいと感じます。

脇役の沢田源内は何者だったのか・・・きになりますが、続編があるのでしょうか。
posted by kasuterakun at 00:17| Comment(0) | 時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事