2019年05月20日

「封印再度」森博嗣

見事なダブルミーニング!
封印再度

森博嗣 講談社 2000年03月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中で謎の死をとげた。不思議な言い伝えのある家宝と風采の死の秘密は、現在にいたるまで誰にも解かれていない。そして今度は、林水が死体となって発見された。二つの死と家宝の謎に人気の犀川・西之園コンビが迫る。

S&Mシリーズ第5弾です。

なんと言ってもこのタイトル!
「封印再度」
「Who Inside」
このシリーズでいちばん好きなタイトルですね。

さて、内容ですが謎解きもさることながら、犀川と萌絵の関係が今までとはちょっと変わってきてるんですよね。
そちらのほうが面白くて、楽しく読みました。

トリックももちろん見事です。
読後、タイトルを再確認して、「なるほどなあ・・・」と唸ってしまいます。
posted by kasuterakun at 00:19| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事