2019年06月09日

「扉は閉ざされたまま」石持浅海

碓氷優佳シリーズ第1弾。
扉は閉ざされたまま

石持浅海 祥伝社 2008年02月20日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

大学の同窓会で七人の旧友が館に集まった。“あそこなら完璧な密室をつくることができる…”伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。自殺説も浮上し、犯行は成功したかにみえた。しかし、碓氷優佳だけは疑問を抱く。開かない扉を前に、息詰まる頭脳戦が始まった…。

犯人目線で物語が進む倒叙ミステリーです。
完全犯罪を目論む主人公と、推理する碓氷優佳との会話が読み応えがあります。

密室殺人ですが、タイトルどおりその部屋の扉は開かれず、状況のみで推理が行われます。
登場人物も少なく、舞台も同じなので、読みやすくて面白い作品です。
犯人に感情移入して、どきどきしますよ。

途中の会話にもさりげない伏線があり、なかなか論理的なミステリーでした。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事