2019年10月05日

「オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン」サムエル・ビョルク

北欧ノルウェーが舞台の警察小説。
アイム・トラベリング・アローン オスロ警察殺人捜査課特別班

サムエル・ビョルク ディスカヴァー・トゥエンティワン 2019年03月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

オスロの山中で見つかった六歳の少女の首吊り遺体。少女の首には「ひとり旅をしています(アイム・トラベリング・アローン)」のタグがかけられていた。鷲のタトゥーの男、謎の宗教団体、忌まわしい過去…。それぞれの物語が複雑に絡み合い、ひとつにつながっていく。謎が謎を呼ぶ難事件に、オスロ警察殺人捜査課特別班が挑む!

女性警察官のミア・クリューゲルが主人公です。
数学オタクのホールゲル・ムンクをボスとしたチームが捜査を進めます。

ミア・クリューゲル、元は天才的な捜査官だったようですが、いろいろあって今は普通の捜査官。
そのため捜査も地味に根気よく進められますが、そこが面白い。

後半でバラバラのピースが繋がり出す辺りからは、止まらなくなります。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | 海外ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事