2019年10月19日

「定本 百鬼夜行-陰」京極夏彦

百鬼夜行シリーズ短編集。
定本 百鬼夜行 陰

京極 夏彦 文藝春秋 2015年01月05日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

少女の頚を絞める白い手。あれは幻影なのか。子供への恐怖を抱える男を追いつめてゆく怪異(「小袖の手」)。『姑獲鳥の夏』から『塗仏の宴』に至る名作を彩った男たち、女たち。彼らはいかなる因果を、恐怖を、闇を、抱えていたのか。ひとの心の奥底を怪異なるものに託して名手が描く、「百鬼夜行」シリーズ初の短編集、決定版文庫。

「姑獲鳥の夏」から「塗仏の宴」までの登場人物を描いた短編集です。
さすがに忘れていて、「誰だっけ?」な人もいますが、たとえ忘れていても楽しむことができます。

本編につながっていく話もあり、覚えていればもっと楽しめるのですが・・・
でも、あの分厚い本編を読み返すにはちょっと思い切りが必要ですね。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事