2020年01月01日

「武士道セブンティーン」誉田哲也

武士道シックスティーンの続編。
武士道セブンティーン

誉田 哲也 文藝春秋 2011年02月10日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

「強さは力」の香織と「お気楽不動心」の早苗。対照的な相手から多くを吸収したふたりだったが、早苗は、家の事情で福岡の剣道強豪校に転入。そこでの指導方法の違いに戸惑う。一方、香織は後輩の育成に精を出す。互いを思いつつも、すれ違うふたりは、目指す剣道に辿り着けるか。大人気剣道青春小説、二本目。

香織と早苗の武士道シリーズ第2弾です。
九州に転校した早苗と東京に残った香織。
ふたりの葛藤が描かれます。

高校生なのに恋愛要素はほとんどなく、武士道について思い悩む・・・
こんな女子高生いないですよねえ(たぶん)。

でも面白さは前作以上ですよ。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | スポーツ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事