2020年01月15日

「警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 氷血」吉川英梨

原麻希シリーズ第9弾。
氷血

吉川英梨 宝島社 2017年03月04日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

北海道に帰省していた原麻希一家は、観光に寄った札幌の公園で、氷漬けとなった女性の遺体を発見する。女性は以前、東京に住んでいた際に、警視庁「女性犯罪」捜査班にストーカー相談に訪れていたことがわかった。捜査を開始した麻希は、警察官を志すきっかけとなった北海道警の瀧正義警部と再会するも、その姿は変わり果てていた―。天才捜査官・原麻希の切ない過去が初めて描かれる、人気シリーズ最新作!

新シリーズになってから、ちょっとマンネリ化してましたが、今作はかなり面白いです。

今作では、原麻希の過去が語られます。
過去を知る北海道警察の刑事も登場。

今までは出番の少なかった原麻希の夫も活躍。
前作から登場の鍋島巡査部長の出番も多くなっています。
そして彼の秘密も明らかに・・・

でも、女性班の出番は少ないです。
特に班長は存在感が薄いですね。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事