2020年02月04日

「数字を一つ思い浮かべろ」ジョン・ヴァードン

退職刑事が主役の本格派ミステリー。
数字を一つ思い浮かべろ

ジョン・ヴァードン/浜野 アキオ 文藝春秋 2018年09月04日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

数字を一つ思い浮かべろ。その奇妙な封書にはそう記されていた。658という数字を思い浮かべた男が同封されていた封筒を開くと、そこにあった数字は「658」!数々の難事件を解決してきた退職刑事に持ち込まれた怪事は、手品めいた謎と奇怪な暗示に彩られた連続殺人に発展する。眩惑的な奇術趣味と謎解きの興趣あふれる華麗なミステリ。

1から1000までの数字を思い浮かべさせ、その数字を当てるという殺人鬼。
謎も明かされれば、なるほど!と唸ってしまう本格派のミステリーでした。

退職刑事が主役ですが、警察小説と言っていいですよね?
経験豊かな老刑事、しかも論理的思考の持ち主ということもあり、読み応えがありました。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | 海外ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事