2020年02月08日

「慈雨」柚月裕子

心打たれる物語。
慈雨

柚月 裕子 集英社 2019年04月19日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた。手掛かりのない捜査状況に悩む後輩に協力しながら、神場の胸には過去の事件への悔恨があった。場所を隔て、時を経て、世代をまたぎ、織り成される物語。事件の真相、そして明らかになる事実とは。安易なジャンル分けを許さない、芳醇たる味わいのミステリー。

退職した警察官が主人公です。
四国八十八寺巡礼をしながら、現在の事件へのアドバイスを現役刑事に送りますが・・・

現在起きている幼女誘拐事件は、実は過去の事件の真犯人ではないのか?
もしそうであれば、今収監中の犯人は冤罪なのか?

かつての上司や部下もみんな男らしくて格好いい男ばかり。
重い内容ですが、最後まで面白く心打たれる作品でした。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事