2020年02月10日

「海の見える理髪店」荻原浩

第155回直木賞受賞作。
海の見える理髪店

荻原 浩 集英社 2019年05月17日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

店主の腕に惚れて、有名俳優や政財界の大物が通いつめたという伝説の理髪店。僕はある想いを胸に、予約をいれて海辺の店を訪れるが…「海の見える理髪店」。独自の美意識を押し付ける画家の母から逃れて十六年。弟に促され実家に戻った私が見た母は…「いつか来た道」。人生に訪れる喪失と向き合い、希望を見出す人々を描く全6編。父と息子、母と娘など、儚く愛おしい家族小説集。直木賞受賞作。

全6編の短編集です。
「海の見える理髪店」と「成人式」がお気に入りです。

家族を描いていますが、ある程度年齢を重ねていないと心に響かないかもしれません。

結婚して子供もいると、心にじんわりと沁みてきます。
ラベル:短編集 荻原浩
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事