2020年03月31日

「東の海神 西の滄海 十二国記 3 」小野不由美

雁国の物語。
東の海神西の滄海

小野不由美 新潮社 2013年01月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

延王尚隆と延麒六太が誓約を交わし、雁国に新王が即位して二十年。先王の圧政で荒廃した国は平穏を取り戻しつつある。そんな折、尚隆の政策に異を唱える者が、六太を拉致し謀反を起こす。望みは国家の平和か玉座の簒奪か―二人の男の理想は、はたしてどちらが民を安寧に導くのか。そして、血の穢れを忌み嫌う麒麟を巻き込んた争乱の行方は。

今作は雁国の延王と延麒の物語。

今までもちょいちょい登場していた2人ですね。
言い争いばかりの2人ですが、今作を読めばしっかりと結ばれていることがよくわかります。

いつもは遊んでばかりの延王ですが、いざという時はしっかりと国民のことも考えます。
その時の行動力はすごいですね。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事